Web会議システム☆お役立ちガイド

Web会議システムの基本的な内容とは

TOP > Web会議のシステム情報 > Web会議システムの基本的な内容とは

Web会議システムの基本的な内容とは

日本の会社には必ずと言っていいほど会議を行うときがありますが、この欠点の一つが、たくさんの時間とお金をかけなければ実現できないことでした。
特に、いくつかの支店がある場合にはわざわざ時間をかけて集まらなければならず当然その分だけ交通費もかかってしまいます。
会社としても、会議を一回開催するにあたりかなりのお金を使うことが少なくありません。
そこで、Web会議システムを導入すれば今までの問題点を大きく解決することができるようになります。
まず、パソコンさえあればWeb会議システムを利用することは可能になりますので導入自体は比較的簡単になります。
また、毎月払う金額もよほどたくさんオプションをつけない限り一回が集まるスタッフの交通費の金額よりも安いことが多いです。
毎月当たり\10000程度でシステムを貸出してくれるところが多いからです。


Web会議システムのもう一つのメリットは、時間がかからないことでしょう。
例えば、東京の中央区で会議がある場合神奈川の横浜営業所のスタッフが2時間から3時間ほどの時間かけて往復することになります。
このような場合には、会議のたびに移動時間がかかりますので有意義とは言えないでしょう。
ですが、Web会議システムを利用することにより、これらの時間をすべて削減することが可能です。
なぜなら、営業所にパソコンさえ置いておけばそこから会議に参加することができるからです。
今まで移動に充てていた時間をすべて有効に使うことができることは時間の効率化にもつながるといえます。
雨が降った場合でも雪が降っている場合でも全く問題はありません。
あとは事前に会議で使う資料を事前に配布しておけば普段の会議と同じになります。


Web会議システムは、単に音声と映像が流れるだけではなく資料をデータで送ることも可能になります。
例えば、一昔前ならば会議で使う資料などはファクスなどで送っていましたがWeb会議システムを使うことでパソコンにデータを貼り付けることができますのでわざわざ印刷しなくても利用することが可能です。
しかも、ネット上にデータさえあればもし紙面に印刷をしたあとなくしてしまった場合でも、再び印刷をすることが可能です。
最終的にどれを選ぶかは、映像や音声の質、そして使い勝手の良さなどから考えるとよいです。
料金に関しては、1ユーザー当たりいくらといった形になります。
平均的には\10000前後になりますので会社にとってはそこまで大きな負担にならないでしょう。
少なくとも、1カ所に集めるよりは負担が小さいといえます。

次の記事へ

先頭に戻る