株価に影響する

ライツイシューの意味と二面性

ライツイシューという言葉をご存知でしょうか。日本初上陸のオシャレなシュークリーム!等ではありません。投資をされたことがある方なら常識かもしれませんが、日本語では「新株予約権無償割当」と言われるもので、株式会社の資金調達の方法の1つです。株式会社は発行している株式の数を増やすことで、増資を行いますが、簡単に言うとその際に「新たに発行する株式を購入する権利を無償で既に株主になっている人にあげますよ」と会社側が言っていることになります。
既存株主にとっては無償もらえる権利であり、必要な場合はその権利を行使して新株を購入することができますし、不要な場合はその権利自体を他者に売却することができます。既存株主にとっては、優先的に新株を購入する権利を得ることができるのですが、株主になっている企業がライツイシューを実行した際には、その目的を推察する必要があります。あくまで増資の手段の1つですので、その増資が事業拡大のための「ポジティブ」なものか、あるいは運転資金を調達するための「ネガティヴ」なものか、どちらかにより取るべき対策は正反対のものになります。株式投資には絶対ということはありません。何事にも二面性が存在しており、ライツイシューも例外ではないです。収集可能な情報の中で適した対応を取ることが重要です。

企業の株価を下げる

投資をしている人なら、公募増資を発表した企業の株価がどうなるか、それをよくご存じだと思います。一株利益の希薄化を懸念した投資家が、株を大量に売却するため、大きく値下がってしまう場合がほとんどです。その逆にライツイシューの場合は、公募増資と違って株価が大きく下がらないです。そのため、安全で確実に資金調達ができる手法として、日本でもライツイシューが広まりつつあります。ライツイシューは、その企業の株主に対して新株予約権を割り当て、お金を集めようとするのが目的です。株主が増資に応募する時は、権利を行使すれば新株を受け取れます。この場合は、新株が現在の株価よりも上昇すれば含み益を得られることになります。
それ以外にも、年に何度か配当金を得られるというメリットもあります。運に左右される面もありますが、上手くいけば株高と配当の2つを得ることができます。ライツイシューを割り当てた企業の株価が、かなり安くなっていたとします。経験豊富な投資家がその状況を見れば、新株へ返還する好機と判断するでしょう。理由は企業の業績には波があり、良い時もあれば、悪いと見なすことができる場面も必ず訪れるからです。そして我慢をしながら待ち続けると、企業の株価は自然と下がる前に戻っていきます。

Press Release

スマートな投資家

増資に応じて株式会社を取得 株主割当増資による企業の増資方法をライツイシューといいます。別の言い方で、新株予約権無償割…

Read...

より効果的な利益を得る

ライツイシューで変わる株式の未来 投資家にとって儲けがいくらかは、その後の投資に大きく関係していく問題です。そのため1…

Read...

株価に影響する

ライツイシューの意味と二面性 ライツイシューという言葉をご存知でしょうか。日本初上陸のオシャレなシュークリーム!等では…

Read...

具体的なライツイシューの概要

ライツイシューと権利の行使について 企業が増資を実行するときは、株の単価を下げることがあります。株主にとっては売り時よ…

Read...

Copyright(C)2017 初心者でも分かるライツイシューの基礎知識 All Rights Reserved.